【エリオット波動】ってなに?チャート分析の応用編

投資の基礎知識編
チャート分析をもっと学びたい人へ

これまでチャート分析の基礎から解説してきました。

今回はそこからちょっと進んで、「エリオット波動」という、なんだか中2病みたいな名前のトレンド分析方法をお話ししていきます。

意外とこの分析手法を活用している投資家が多いので、覚えておくと今後役立つと思います。

ちなみに、まだチャート分析の基礎を学んでいない人にとっては少し難しい内容もあるので、まだの人は初めに ↓ の基礎編をどうぞ♪

もう基礎はしっかり読んだ!という人は、さっそく始めましょう!

エリオット波動の基本的な考え方

まずはじめに思うことと言ったら、「エリオット波動」という名前のダサさ、ですよね。

一応そこから説明しておきましょう。

株価の動きには一定の秩序がある

「エリオット波動」という名前は、アメリカのR.N.エリオットという人が考えた理論だから、「エリオット波動」という名前が付いています。

宇宙戦艦ヤマトとは全く無関係なので注意してください。

この理論を一言で言い表すとこうなります。

「株価の上下の波には、一定の秩序がある」

「秩序」っていったいどんな秩序だ?

と思うでしょう。

エリオット波動の考え方の中で、最も基本となるのは、

「上昇5波動」「下降3波動」

これは要するに、株価の上昇トレンドと下降トレンドのそれぞれの特性を表せしています。

上昇トレンドは【5つ】の波がある

下はエリオット波動の図です。

上昇トレンドは、5つの波に分けられると考えます。

そのうちの3回が上昇で、それぞれの上昇の間に下降が起こるとする。

5つの波を「第1波」~「第5波」のように呼ぶのが一般的。

上昇と下降の波のそれぞれの呼び方でもう一つ。株価が上昇する第1波/第3波/第5波を「衝撃波」、下降する第2波/第3波を「修正波」と呼びます。

これを総じて「上昇5波動」といいます。

もしあなたがエリオット波動の考え方を活用して株を買うなら、買った後に上昇した場合は2回株価の調整が入りますが、その2回を我慢して持っていればさらに株価は上昇するということ。
売り時としては3回目の調整局面がベストでしょう。

下降トレンドは【3つ】の波がある

次は下降トレンドの波を見ていきましょう。

改めて先ほどの図を見てみます。

下降トレンドの時には、下降が2回、上昇が1回の計3回の波が起こると考えます。一般的にはそれぞれの波を「a波」、「b波」、「c波」と呼びます。

総じて呼ぶときは「下降3波動」

株価は上昇するときよりも下降するときの方が急な値動きになりやすく、一気に駆け降りるため、下降トレンドの方が波の数が少ないのが一般的。

波の中にはさらに小さな波が・・・

個々の波の中には、さらに小さなエリオット波動があると考えます。

上昇波動の中にはさらに小さな上昇5波動が下降波動の中にはさらに小さな下降3波動が、という具合。

上昇波動の中の小さな上昇5波動を図で見るとこんな感じ。

下降の時には下降波動の中に、さらに小さな下降3波動があると考えられるので、図で表すとこんな感じ。

上昇5波動の第3波が長い・・・?

実は、エリオット波動の波には特徴があります。

実践で一番使えるものとして、上昇5波動の中で、第3波が一番長いことが多いと言われています。

なぜ第3波が長いのか?

その理由として考えられるのは次のような考え方。

第1波は株価が底から上がり始めた段階で、まだ半信半疑の中での上昇なので、それほど強くは上がらない傾向があります。

次に、第2波の一時的な下落によって、第1波が上昇トレンドの開始だということが参加している投資家に認識されていきます。結果的に、第3波は大きな上昇になりやすいと考えられます。

第5波には要注意

そして第4波の下落を経て第5波まで来ると、天井圏で高値に対する警戒感が強くなってくるので、第3波と比べて上昇が勢いが落ちてくるということ。

天井のサインとしては、徐々に出来高が少なくなってくることが挙げられるでしょう。

もし持っている株がこのような上昇トレンドに乗ったら、出来高の変化に注意しておくとちょうどいいタイミングで利益確定しやすくなります。

基本のトレンド分析との組み合わせ方

この記事では、株価の動きを「波の数」で捉えるやり方を紹介しました。

実はこのエリオット波動は、その他のトレンド分析テクニックと合わせて使うことが可能。

例えば過去の記事で紹介したトレンド分析が一番わかりやすいでしょう。

この記事のトレンドラインをエリオット波動に当てはめると、それぞれの波の終わりがどのぐらいの株価かを予測することができます。

上の図は上昇5波動にトレンドラインを引いたものです。

上昇トレンドの時には赤い線で引いたように、「上値抵抗線」と「下値支持線」があります。

このトレンドラインを利用すれば、第4波はどこまで下落するのか、第5波はどこまで上昇するのかなどが予測しやすくなります。

これはあくまで一例なので、他のトレンド分析も色々と使って予測の精度を上げていきましょう。

エリオット波動もトレンド分析も、必ず当たるという訳じゃありませんが、実際に株価がこのような動きをしやすいことは事実。

こういった分析を知っておけば、今後株を売買するときの判断に大いに役立つでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました