一流トレーダーを目指す人必見!~【損切り】を制する者は世界を制す~

投資の基礎知識編
主に短期トレードで成功したい人へ

この記事はまだ短期の株トレードで成功できていない人や、これから株式投資を始めようとしてる人へ必ず役立つ知識です。

損切り(ロスカット)」は一般的に、投資家にとって嫌がられる存在。
それは当然ですよね。損切りをするということは、損失を確定して自分の資産を減らす行為なんですから。

しかし、特に短期でトレードをしていく株式投資家にとって、損切りは一番大事。

損切りを、ただ単に損失を確定する行為としてではなくて、大きなチャンスを掴むためのテクニックとして活用する方法を紹介します。

買う前に【損切りライン】を決めておく

これは短期トレーダーなら必ずやらなきゃいけません。

普通、株を買うということは、買った後の値上がりを予測して買う訳です。
もしその予測が外れたということは、その時点でその投資は失敗ということ。
失敗した投資にいつまでもしがみつくのは得策じゃありません。

失敗したならさっさとその失敗を認めて、早めに撤退した方が傷も浅くて済みますし、早く手仕舞うことによって時間的なコストも削減できます。

そして大事なのは、その「損切り」のラインを、株を買う前にあらかじめ決めておくこと。

自分が予測した値動きから大きく外れた瞬間にすぐに損切りされるように、買ったらすぐに「逆指値注文」を発注しておくのが良いでしょう。

こうしておけば万が一株価が急落したときに仕事などで株価を見ていられなくても売り逃すことはありません。

これがまず第一のルール。

損切りは相場の【温度計】

次は第二のルール、というより「損切りの活用術」みたいのものです。

見出しの「温度計」という言葉の通り、1章のような損切りを徹底することによって、相場全体の方向性を見極めることができるようになります。

もちろん、相場全体の方向性(トレンド)は数々のテクニカル指標を見ればある程度判断をすることは可能です。

しかし、株式相場や、その他の資産相場は、実際に相場にいないとわからない「感覚的」な要素も多く含んでいます。

そういったものはテクニカル指標だけを見ていてはプロでもなかなかわかりません。

そこで「損切り」

地合いの悪い相場では損切りが連続して続くことも多くなるでしょう。
ほとんどの投資家は損切りが続くと躍起になって積極的にトレードに参加してしまいます。

ところがそれが間違い。

【損切りが続くということは、相場自体が悪い状態ということの裏返し】

そんな相場でいくら勝負したってどんどん損失が増えていくだけです。

もちろん地合いの悪い相場でも全ての銘柄が下落するわけじゃないので、的確に伸びる銘柄を見極めることができれば利益を上げることは可能です。

でもそんなお宝銘柄を探すのは本当に大変なこと。

特にこれから株式投資を始めようという人にはハードルが高いですよね。

だったら、地合いの悪い相場のときにはそんな積極的な投資をしなければいいんです。

損切りが3回続いたら勝負しない

第三のルールは簡単そうに見えて結構難しいので自信が無くなったらこの部分だけでも何回も見直すことをオススメします。

2章でお話した通り、損切りが続くということは、相場全体の地合いが悪いことの裏返し。

逆に、相場が良い時にはたいして銘柄分析をしなくても簡単に利益を上げられるものです。

【それなら、相場の良い時にだけトレードすればいいじゃないですか】

そこで僕は、損切りが3回連続で起こるようならしばらくトレードはせず、相場の様子を眺めることに徹します。

そうすることでわざわざ勝算の悪い相場で失敗を繰り返すことがなくなります。

言ってしまえば簡単に聞こえますよね?

でもこれがなかなかどうして難しい・・・

2章でも話した通り、損切りが続くとそれを取り戻したいという欲求が勝って、余計なトレードをやりがちです。
結果、さらに負けが込んでいくという負のループ・・・

第三のルールの難しいところはそこなんです。

要するに、このルールを実践するには「鋼のメンタル」を手に入れなければなりません。
「次は勝てるかも・・・」という甘い誘惑に負けず、じっとこらえることのできる鋼のメンタル。

実際にトレードをしていると「わかっちゃいるけど」という気持ちになりがちです。

そんなときにはこの記事のこの章を読み直してください。
そうすれば、熱くなった頭を冷やすことができるでしょう。

あとは相場が回復してきたなと思ったときにまたトレードを始めればいいんです。

相場の回復期もただ眺めてるだけじゃわからないので、日々のニュースや株価の動きで「なんとなく上がってきたな」と思ったら、その時に試しに一度トレードしてみて、それで利益を上げられるようなら積極的にトレードを再開しましょう。

もし試しのトレードでまた損切りになるようならまだ怪しいので様子見を継続するのが無難。

まとめ

まとめは簡単にします。
一言でいえば

【逃げるが勝ち】

状況の良い時だけしっかり取って、雲行きが怪しくなってきたらさっさと逃げてしまう。

勝負としてはずる賢いような気もしますが、株式相場はずる賢い投資家だけが生き残る世界。

株式の短期トレードで成功したいなら「良いとこどり」しましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
今回は「損切り」の大事さ・活用術をお話してきました。
もっと具体的な損切り・それに利益確定のテクニックは有料noteで販売しています。

”あなたのリッチライフを実現する【究極】のトレード術”

自分で言うのもなんですが、かなり実践的なテクニックなので結構役立つと思います。
これからのトレードに不安がある人は是非活用してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました