「【攻撃型】ドル・コスト平均法」で儲ける!

その他
「買ったら下がる」タイプの人へ・・・

今日のテーマは「ドル・コスト平均法」

一般的に言えば、ドル・コスト平均法は守りの手法。
そんな守りの手法を攻撃的な投資に役立てる方法を紹介します。

「ドル・コスト平均法」の基本

まず「ドル・コスト平均法」のことを知らない人もいると思うので、簡潔に説明しておきます。

ドル・コスト平均法とは、価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、一定額ずつ分けて購入することで、平均購入単価を抑える方法。

例えば毎月一定の額を積み立てながら投資をすると、価格が高い時には少なく、価格が安い時には多くの口数を買うことができるため、毎月一定量を買うよりも、買付単価の変化が小さくなります。

こうすれば買付単価が極端に高くなって、その後に下落したときに大きな含み損を抱えるリスクを抑えることができます。

価格が変動する金融商品は、たまたま価格が高いときに一気に購入すると、高値づかみをしてしまう可能性があるので、特に値動きの予測が苦手な人にとっては魅力的な方法ですね。

主に積立投資信託などに使う手法

ただ、この方法は個別株には向きません。

例えば、毎月3万円をドル・コスト平均法で運用しようとする。
そして投資対象は現在300円の個別株だとしましょう。↓を見てください。

個別株は通常100株を「1単元」として売買します。
なので、最初の月は1単元買うのに3万円で買えます。

が、次の月に株価が400円に上昇していたらどうでしょう?
3万円の積立額じゃ買えないですよね?
これじゃドル・コスト平均法の基本で学んだ「高い時に少なく買う」が実行できません。

逆に株価が200円に下落していたとしたら?
2万円で1単元買うことは可能。
ただ。、残り1万円では1単元買うことはできないので基本で学んだ「安い時に多く買う」が実行できません。

積立投資信託などはそれに対して、単位が「口数」と言って、一口当たりの価格が安く、一定額ずつの投資金を余すことなく買付に使えます。

個別株の場合で同じようなことをする場合は「株式累投(株式累積投資)」という方法を使えば1単元未満の売買も可能です。
ただ、株式累投ができる銘柄は限られていて、中小型株ではできない場合もあるので選択の幅は減ってしまいます。

個別株でドル・コスト平均法を使うなら・・・

これは厳密にいうとドル・コスト平均法ではありません。
が、ドル・コスト平均法の概念を応用すること個別株で大きく利益を狙うことができちゃいます。

「ナンピン買い」の要素を取り入れる

「ナンピン(難平)買い」とは、保有している銘柄の株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げる方法

例えば、6,000円で100株買った銘柄が、5,000円に下がったときに100株買い増しをしたとすると、1株当たりの平均購入単価は5,500円になり、利益が出る水準が下がります。
この方法の注意点としては、ナンピン買いは株価が上昇トレンドにあって、一時的に下がったときに行うと有利になる可能性の高い投資手法ですが、下落トレンドの途中では損失をさらに大きくすることも・・・

一般的に個人投資家がやりがちなのは、計画性のない、ただ平均購入単価を下げて気休めにするためのナンピン買い。
あきらかに長期低迷している株をナンピン買いする人が圧倒的に多いので、「ナンピン買い」=「ダメな投資法」のレッテルを貼られています。

ただこのナンピン買いの要素をドル・コスト平均法に取り入れることで、リスクを抑えながら大きく儲けることができちゃうんです。

具体例をみてみよう

まずは↓の画像をみてください。

プレシジョン・システム・サイエンス【7707】

プレシジョン・システム・サイエンス【7707】という銘柄です。
(以下PSS)
僕は仕事で投資のアドバイザーをしているのですが、たまたまお客様に「PSSを買いたいんだけど、いつ買えばいいだろう?」と相談を受けました。

時期は7月上旬で、見てみると株価は6月15日の高値から半分に・・・
確かに、PSSはコロナウイルスのPCR検査キットが話題になって急騰した銘柄だし、一般の個人投資家が更に上昇することを期待しても無理はないでしょう。

ただ、チャートを見てみると株価は25日線(赤い線)を突き抜けて(いわゆる「デッドクロス」)まだまだ下がる余地がありそうでした。

ちょうどそのころ、PSSの個別ニュースで好材料が発表されていたので、今は下落基調にあっても近いうちにまた上昇に転じる可能性は高いと踏んで、次の戦略を立てました。

「株価はまだ下がるだろうが、75日線(青い線)近辺で上昇に転じるだろう。そこまでドル・コスト平均法を使えば儲けられる可能性が高い」

具体的な手順は以下の通り。

・株価の底値予想を75日線より少し安い価格にする
⇒この理由は、75日線近辺で上昇するにしても、一時的には株価が75日線を下回ることが多いため

・現在値から底値までの間で買い付ける総株数を決める
⇒できれば1000株以上が望ましい

・現在値から底値までの下落価格を均等に区切る
⇒PSSの場合は、現在値が1600円台だったので、そこから1300円までの下落価格を均等に区切りました。具体的には1600円、1500円、1400円、1300円と100円刻み

・買い付ける総株数を、前に区切った下落時の株価それぞれに割り当てる
⇒前出のお客様の例では、1500株を買付総数に考えていたので、1600円台で200株、1500円台で300株、1400円台で400株、1300円台で600株という計画で買付

以上が手順
要点は、ドル・コスト平均法の「安い時に多く買う」と、ナンピン買いの「下がったら更に買い増し」を使って安い購入単価で買い集める。
注意してほしいのは、普通のドル・コスト平均法とは違って、「高い時に少なく買う」ことはしません。
主に短期投資で値上がり益を獲得するための方法です。

実際に自分でやる時には、上記の買い付ける価格やそれぞれの買付株数の割り振りは微調整が必要。

簡単に言えば「均等の下落幅で、安い時ほど多く買えるようにする」

例では結果的に一時1200円台まで下がりましたが、平均購入単価は1400円台前半。もし1500株を1600円台の時にいっぺんに買っていたら、その後の下落で含み損が膨大になり、とても耐えられなかったでしょう。

先ほどの画像を改めてみると

その後株価が上昇に転じ、2600円台まで伸びました。
前出の例の僕のお客様は、2500円で売却したので利益は【約130万円】。

もちろん、これはたまたま上手くいった事例なので、100%上手く良く保証はありません。
特に気をつけないといけない点としては、

・予測した底値よりも更に下落していくこともある
⇒この場合はすぐに損切りした方がいいでしょう

・逆に予測した底値よりも高いところで上昇に転じる
⇒この場合はさらに買い付けたりせず、その時点までの持ち株数だけで運用していった方がベター

ただ、この手法を使えば「上がるか下がる予測するのが難しいけれど、上がれば大きい」銘柄でリスクを抑えつつでっかく利益を狙えます。

さいごに

今回は「ドル・コスト平均法」を応用して(「ナンピン買い」の要素も取り入れつつ)、チャンスをモノにする方法を紹介してきました。

多少慣れは必要ですが、それほど難しい手法ではないので是非挑戦してみてくださいね!

長くなってしまうのでここでは買付までの手順の解説だけですが、上昇した後の売り方については具体的なテクニックを「あなたのリッチライフを実現する【究極】のトレード術」で紹介いています。

先ほどのPSSの画像でも2600円台まで上昇した後に急落しているのがわかると思います。
ちゃんと売り方も知っておかないとせっかくのチャンスを逃しちゃうので心配な方はチェックしておきましょう!

あなたの爆益を祈ってます!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました